筋トレ 足が太くなる

足を細くするのに筋トレは逆効果なの?


足を細く美しくするためにトレーニングなど行い美脚をめざす女性も多いでしょう。

 

ですがそのトレーニングは本当に足を細くするために有効でしょうか?

 

もしかした逆に足を太くしてしまう恐れがあるので自分が今行っているトレーニングを見直していきましょう。

 

筋肉には二種類ある?

 

あなたは筋肉には二種類あることをご存じでしょうか?

 

まずは二種類の筋肉を解説します。

 

「そんなことがトレーニングに何の関係があるの?」と思われるかもしれませんが大いにあるのです。

 

大事なことなので説明していきます。

 

例えばマラソンランナーのように長距離を走る為についた筋肉の事を遅筋といいます。

 

遅筋は強い力は出せませんが一定時間動けるような持久力を持った筋肉の事です

 

そして短距離走の選手のように短い距離を早く走る為についた筋肉の事を速筋といいます。

 

速筋は強い力や瞬発力を出すための筋肉で遅筋と違い持久力はありません。

 

それではこの二種類の筋肉をわかっていただいたところで次に足を細くすることにどのように関係しているのか説明していきます。

 

どっちの筋肉が理想の美脚に向いているのか

では二種類の筋肉、「遅筋」と「速筋」がどのように美脚に関わってくるのか?

 

ここでイメージしてもらいたいのですがマラソンランナーと短距離走選手の体形です。

 

どちらが細くてどちらが筋肉質でしょうか。

 

皆さんが想像したは二つのイメージではマラソンランナーは細くて短距離走選手のほうが筋肉質だと思います。

 

先程お話した二種類の筋肉の話に戻りますが遅筋は持久力のたかい筋肉で筋肉自体が細くなる傾向にあり速筋は瞬発力を必要とするので筋肉が太くなる傾向にあるのです。

 

という事は、足を細くするためにはこの遅筋を発達させる必要があるという事が分かったのではないかと思います。

 

何も知らずにむやみにトレーニングしてしまうと筋肉を太くさせる間違ったトレーニングをして逆効果になってしまう可能性があるというわけです。

 

ではどんなトレーニングがもっとも足を細くするために必要なのでしょうか。

 

次にどんなトレーニングが必要か解説していきます。

 

どんなトレーニングが有効?

 

どのようなトレーニングを行えばいいのか。

 

結論からいうと負荷をかけ過ぎず回数を多くこなすトレーニングを行えば遅筋を発達させることが出来ます。

 

では具体的に解説していきます。

 

例えばめちゃくちゃ重い物を持ち上げた時、次の日筋肉痛になると思いますが同じ作業を長時間続けたときも次の日筋肉痛になりますよね。

 

一件どちらも筋肉痛になって筋肉が太くなるように思われますが後者のほうは遅筋が鍛えられて太くなるという事はありません。

 

要するにランニングと一緒で軽度の負荷を掛けながら反復的なトレーニングを続けることにより遅筋が発達し足は細くなっていくというわけです。

 

やはりランニングは足を細くするうえでとても有効なトレーニングという事が分かりますね。

 

ですがただランニングをすればいいというものでもありません

 

LSDというランニング方法をご存じでしょうか?

 

「エルエスディー=Long Slow Distance」を略したもので「長い距離をゆっくり走る」という意味になります。

 

いたってシンプルでスローペースで出来るだけゆっくりランニングするだけなのですが自分の通常のペースで走るより効果が上がることが分かっています。

 

時間に余裕がある方は一時間を走れるペースで出来るだけゆっくり長く走るようにしましょう。

 

そうすることで遅筋が発達したスリムな足に生まれ変わることが出来ます。

 

 

 

 

筋肉質な足を根本から変えるので一朝一夕で変化するという事はなかなか難しいと思いますがトレーニングの方向性を
変えることで成果出るのはグッと早くなるはずです。

 

諦めずにぜひ頑張っていきましょう。

 

着圧のレギンスで寝ている間も美脚を目指したいという方はこちらもご覧ください。

 

着圧レギンスURUASHI(麗足)